ブログBlog

2022.2.28

5s委員会車両整備班の活動報告

こんにちは、5s委員会の車両整備班と申します。

 

前回の車両整備班のブログはご覧いただけましたでしょうか?

まだご覧になっていない方がいらっしゃいましたら、ぜひ、一度読んでいただけたらと

思います。

 

さて、今回は、冬に向けて我々、車両整備班が行った活動について、ご報告申し上げたいと思います。

 

 

まずは、積雪への準備として毎年行っています、チェーンの断裂、及び錆のチェックとチェーンの取り付けの講習を行いました。

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%b32

 

 

 

 

 

 

 

一つ一つのチェーンを広げて、切れているところや、錆びついてしまっている箇所が無いかのチェックを行います。

この際何かしらの不具合が生じている場合は、早急に新しいチェーンを購入して積雪に備えます。

 

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%b33

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、先輩社員が後輩社員に、チェーンの取り付け方を教えている様子です。

入社する方のほとんどがトラックのタイヤにチェーンの装着をしたことが無いので、毎年不安な方に向けて、取り付け講習を行っています。

 

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%b34

 

 

 

 

 

 

 

講習を受けた方々が一人でチェーンの取り付けを行えるようになりましたら、講習は終了です。

 

こうしてブログを編集していましたら、まさに年明け早々に埼玉県でも積雪がありました。

準備のかいもありまして、雪が積もってしまっても皆さん特に慌てた様子もなく対応でき、講習に参加した方からも「練習しておいてよかったです」と、お声をいただきました。

来シーズンもしっかりと準備を行い、急な積雪にも対応できるようにしていきたいと思います。

 

 

冬に向けての準備でもう一つ行いましたのが、車両のバッテリーの電圧チェックになります。

皆さんも冬場の朝、自動車のエンジンをかけようとしたら、かかりにくい、もしくはかからなくなってしまった、なんてことを経験したことは、ありませんでしょうか?

気温が下がった状態では弱ったバッテリーは、エンジンがかからなくなってしまう事があります。

車両整備班では、そういった事態を防ぐためにバッテリーテスタを用いて、トラックのバッテリーの電圧チェックを行いました。

%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc1

 

 

 

 

 

 

 

トラックのバッテリーにテスターの配線を間違えないように接続します。

この際、プラスとマイナスを間違えて接続してしまうとバッテリーが壊れてしまうので、注意しながら接続します。

 

%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc2

 

 

 

 

 

 

 

接続できたのを確認しましたら、テスターを起動し、現在のバッテリーが弱っていないかをチェックします。

この際、弱っているバッテリーがあったときは、早急に交換をし、冬場に備えます。

%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc3

 

 

 

 

 

 

 

全車チェックを行い、基準値内に電圧が収まっているのを確認しましたら、今回のバッテリーチェックは終了です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

今回は車両整備班が冬場に向けて準備をしていた内容を皆様にご報告させていただきました。

これからも、我々車両整備班はこのような活動を日々行い、日常の仕事に支障が出ないよう努力をしていきます。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。